誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

ロードバイクのトレーニング 2019年12月8日(日曜日)

ローラー台トレーニング。今日の走行時間は120分。2019年(342日)の総走行時間は17579分。目標走行時間にマイナス23461分。体重は63.1kg、体脂肪率は13.2%。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速17~18kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速15~16kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速17~18kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速15~16kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速17~18kmを20分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速15~16kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速17~18kmを7分間走行。3分間のレスト走行。再び時速17~18kmで5分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速15~16kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速17~18kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」で時速15~16kmで5分間走行。その後5分間のクールダウンで終了。

 

「ややきつめ」と「楽」なペースでのインターバルを交互に繰り返しスタミナアップを目指す練習。


今日は82分過ぎに2回目の15分間の走行時に力尽きてしまった。息遣いが乱れてどうしようも無かった。たまらず速度を落とした。息を整える為に3分間ほどゆっくり走行した。


息遣いが乱れた時に比べれば幾分回復した。しかし苦しい状態に変化は無い。その影響で「楽」なペースであるはずの時速15~16kmの部分が全く楽ではなくなってしまった。


82分過ぎからは息は絶え絶え、脚はパンパン。文字通りもがきながら苦悶しながらの走行に終始したのだった。

 

いつもそうだがこれだけ苦しい思いをしているという事は練習の目的は達せられている!という事。


それはそれで良いのだが疲れは激しいものがある。気温が低いと疲れを感じにくくなる。つまりオーバートレーニングに陥り易い!という事でもある。


しかし自分のレベルでオーバートレーニングと宣うのは気恥ずかしい。オーバートレーニングを気にするほどレベルは高くない。

 

とは言っても体調には気を付けていきたい。特に風邪を引かない様に!そして身体を冷やさない様に!である。

f:id:osamu-3:20191208180511j:image

 

 


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村