誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

ロードバイクのトレーニング 2019年12月7日(土曜日)

ローラー練習。今日の走行時間は115分。2019年(341日)の総走行時間は17459分。目標走行時間にマイナス23461分。体重は63.7kg、体脂肪率は14.3%。


ギアは50×17T、負荷は「4」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「4」で時速24~25kmを2分間維持する事からスタート。

 

以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(24km→26km→28km→30km→32km→34km→36km)


3分間のレスト走行。続いてギアは50×13T、負荷は「4」で時速32~33kmで15分間走行。


15分間のレスト走行。ギアは50×13T、負荷は「4」で(時速37~38kmで2分間走行+2分間レスト走行+時速37~38kmで1分間走行+1分間レスト走行+時速37~38kmで30秒間走行+30秒間レスト走行+時速37~38kmで20秒間走行+20秒間レスト走行+時速37~38kmで20秒間走行)×4セット。セット間は5分間のレスト走行。


尚、時速37~38kmで走行する時は出来るだけそれ以上の速度で走行する事を心掛けた。


実際は時速37~38km走行する部分は「全力走行」というのが前提。そのつもりで練習に臨んだのだが‥‥‥全力で走行出来なかった。

 

特に最初の2分間を走行する場面では全く歯が立たなかった。


何とか時速37~38kmを維持する事で精一杯。それ以降の走行では若干(時速40kmほど)速度が上げて走行する事が出来た。

 

まだまだ新しいFTP値に基づいた練習にはついていく事が出来ていない。もう少し様子を見てみたいと考えている。


1セットの中で走行が進んでいくとレスト走行の時間が徐々に短くなっていく様になっている。

 

これがまたキツいのだった。疲れが重なってきているというのにレストの時間が短い。


もっともそれが今日の練習の特徴。全力走行は出来なかったがそれぞれの走行時間で力を出し切る!のである。逆にいうと走行時間も徐々に短くなっていく。


そのお陰で全力走行で(出来なかったが)その時間を走行出来るのである。

 

本来であればこのメニューを実際の「坂」で行う。近場にはそれほど長い坂が無いので多少、アレンジしなければならないだろう。


そういえば先日道路の崩落から完全復旧した「県道44号線」では今日のメニューがある程度実施出来るかもしれない。雪解けが楽しみである。

 

とはいうもののキツく苦しい練習になるだろうなぁ~

f:id:osamu-3:20191207180311j:image

 


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村