誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

あと5分😂2020年3月8日(日曜日)ロードバイクのトレーニング

ローラー台トレーニング。今日の走行時間は120分。2020年(68日)の総走行時間は4600分。目標走行時間にマイナス3560分。体重は62.6kg、体脂肪率は13.2%


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを20分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを15分間走行。


20分間のレスト走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて(全力走行20秒間+10秒間のレスト走行)×8セット


6分間のクールダウンでトレーニング終了。


「ややきつめ」と「楽」な走行を繰り返してスタミナアップを目的とするトレーニング。そして20秒間の全力走行では無酸素運動容量の向上が目的。

 

f:id:osamu-3:20200308162552j:image

昨日のトレーニングでは今日に備えて体力を温存。今日はその効果がバッチリ。

 

www.osamu-san.net

 

走行開始から脚が軽い。ぺダリングはスムーズ。設定速度からはみ出ることはほとんど無し。そして悩ましい時間の進み方。苦になることもなく流れる様に進んでいく。これほど順調になるとは考えてもみなかった。

 

 

ローラーの負荷が軽くなっているのではないか?と思ってロードバイクから降りて確認したほどである。それほど順調だったのである。

 

しかし・・・・

 

2回目の15分間走行の時である。このままの雰囲気で終了するものと考えていたのだが・・・・

 

ラスト5分間から急に苦しくなり始めたのである。それまでの軽さが嘘の様。それまでの疲れが一気に来た感じである。

 

 

息苦しくなり息遣いが荒くなった。浅い呼吸になってしまい苦しい。息をする事に疲れを感じてしまうほどだった。そして急に時計の進み方が遅くなり始めたのだ。

 

 

祈る様な気持ちでペダルを回し続け長い長い5分間が終わった。そしていつもより倍の時間(20分)をかけてレスト走行を行い最後のトレーニング(無酸素運動容量の向上)を行った。

 

終盤に急転直下で疲れに襲われた今日。トレーニングが終わって数時間。走行開始直後あんなに軽かった脚は・・・・いつもの通り安定の激重状態に。

 

しっかり回復させないと!

 

今日はこんな感じでした。


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

サイバーリンク

サイバーリンク

ソフマップ・ドットコム

パソコン専門店「ソフマップ」の公式通販 "ソフマップ・ドットコム" おトクなセールやキャンペーンも随時開催中!

 

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

HP Chromebook x360 14