誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

思い込みだった😓2020年4月14日(火曜日)

ローラートレーニング。

今日の走行時間は120分。2020年(105日)の総走行時間は7125分。目標走行時間にマイナス5475分。体重は63.4kg、体脂肪率は14.0%


ギアは50×17T、負荷は「3」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「3」で時速26~27kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(26km→28km→30km→32km→34→36km→38km)


3分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で時速33〜34kmで10分間走行。


13分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で時速35〜36kmで30分間走行。


10分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で(時速41〜43kmで3分間走行+3分間回復走)×3セット。


7分間のクールダウンでトレーニング終了。

 

完全休養明けでのレーニング。日曜日(12日)の疲れは無くなったと思っていた。そこで最後のトレーニングではVo2max向上のメニューを実施(3分間+3分間回復走)


土曜日(11日)には時速45kmで5分間走行出来た。そこで今日もその速度で走行出来るものと考えていた。


そして走行開始。でも最初の1分間で時速45kmで走行するのは無理と感じた。息が続かない、脚が重くて回らないのだった。こんなはずではなかったのが・・・・

 

f:id:osamu-3:20200414145107j:image

たまらず速度を落とした。かと言ってあまり速度を落とすのは悔しい。落とす事に変わりはないが時速で2〜3km程度落として走行する事にした。


苦しさは軽減された。僅かな速度差だが走行を続ける事が出来た。苦しい事には変わりはない。しかし耐える事が出来ていた。


出来る事なら時速45kmで走行したかった。疲れが抜け切れていなかったのだろうか?まぁこんな日もあるのだろう。切り替えて次である。


今日のTSS。平均速度28.5km  195.27kw/h。
195.27÷266=0.734 走行時間は120分。
120分×0.734=88.08
100÷60×88.08=146.8

FTPで30分間走行したのでやや高い数値となった。

 

今日はこんな感じでした。


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村