誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

自分では無い⁈🤪2020年2月20日(木曜日)

ローラートレーニング。今日の走行時間は120分。2020年(51日)の総走行時間は3170分。目標走行時間にマイナス2950分。体重は62.9kg、体脂肪率は13.3%。


ギアは50×17T、負荷は「3」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「3」で時速26~27kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(26km→28km→30km→32km→34km)


5分間のレスト走行。


続いてギアは50×13T、負荷は「3」で(時速35〜36kmを30分維持)×2セット。セット間は10分間のレスト走行。


FTP速度で走行過ぎ事によりFTPの向上を図る。併せて持久力の向上も。


10分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で(20秒間全力走行+10秒間のレスト走行)×8セット。レースで必要な場面(逃げ、ブリッジ等)での無酸素運動容量の向上を図る。副次的に体脂肪率の減少の効果があるとされている。


6分間のクールダウンでトレーニング終了。


FTP速度での走行は1セット目と2セット目は様相が全く違った。


1セット目はスイスイといつまでも走行出来そうな感じ。最初の5分間は速度に身体が対応出来ずぎこちなかった。しかし数分後、人が入れ替わったかの様に快適な走行に。

 

f:id:osamu-3:20200220161428j:image


更に走行開始から15分経過した頃からはスイスイ。全く苦しくなくいつまでも、何処まで走行出来そうな感じに。このまま60分間を走行してしまおうか?勿体無いな〜と思うほど快適な走行だった。

 


でも、2セット目はどういう訳か最初から難儀な感じで余裕が全く無い状態だった。スイスイと快適な走行をしていた先ほどまでが嘘の様。


滅多に設定速度から外れる(速度が遅くなる)事など無かった1セット目。2セット目は度々速度が遅くなるのだった。


そのうち身体や足が慣れて楽になるだろうとタカを括っていたのだが・・・・最後まで楽になる事は無かった。


途中で10分間のレスト走行を入れずそのまま走行し続けていたらどうなっていたやら?知る由もない。まぁ2セット目を鑑みると途中でガクンと来てヘロヘロになっていたとは思う。


FTP速度は60分間その速度を維持し続けて走行出来るというのが前提。今日は30分ずつに分けて走行(レスト走行を挟んで) 現状では60分間の「完走」は厳しそうだ。


今日はこんな感じでした。

 

↓↓↓今日郵送されてきた!↓↓↓↓

 

f:id:osamu-3:20200220175132j:image

f:id:osamu-3:20200220175138j:image

 

案内にもあった様に例年より1週間ほど開催が早くなっている。郵便振替での申し込み締め切り日は5月15日。ネットエントリーは5月24日。お忘れなく!

詳細は「矢島カップ」↓↓↓

https://www.city.yurihonjo.lg.jp/yashima/roadrace/cycle%20hp/top/newindex.html 

 

 


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

ドリームチャンスで並ばずに宝くじをGET

 

センチュリーダイレクト

 

Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!