フロー(flow)な私にしてくれ

興味が湧くなら何でもアリ。ストライクゾーン広めで綴ります

眠い😪 ロードバイクのトレーニング 2024年6月26日(水曜日)

 

#ロードバイク の #トレーニング 今日の #走行時間 は125分。#走行距離 は51.93km。#平均速度 は24.8km。#平均心拍数 は132。消費カロリー は903。


2023年(178日)の総走行時間は5593分。#体重 は64.3kg、体脂肪率 は15.1%

 


自宅を出発して雄物川右岸のサイクリングロードを走行。秋田南大橋を渡り県道65号線へ。そして県道240号線の峠へ。
 
ロードバイクから降りて30分ほど休憩。
 
登坂トレーニング。ギアは52×17T。八田地区から白幡地区へ向かう坂を6回。白幡地区から八田地区方向へ向かう坂を3回。距離約1.2km。合計9回登坂。
 
登坂トレーニング終了後、県道240、65号線で秋田市立豊岩小中学校前(閉校)を通り秋田南大橋を渡る。秋田市御野場地区、大野地区を経て自宅へ。

 

f:id:osamu-3:20240626121424j:image

 

今日は時間に余裕があったので、登坂の回数を多くしようと考えていた。しかし、6回坂を上った後で猛烈な眠気を感じた。坂を下っている途中にフラフラしてしまった。居眠り運転のような状態になった。途中、危うく道路からはみ出すところだった。そこで6回目の登板が終わった後、15分ほど仮眠?を取った。なかなか眠気が取れる事はなかったのだが、一休みしてだいぶ落ち着いた。仮眠した時間はもったいなかったが、その後安全にそして無事に自宅まで帰るためには必要な事だった。


昨日の暑さとは打って変わって今日は風が強く肌寒い日だった。おまけに小雨がパラついた。雨が降る中を走行する時もあった。風が強い上に身体やウェアが濡れてしまうと必要以上に体温が奪われる。特に登板トレーニングであれば、上った後に必ず坂を下る。坂を下る時は登坂の時よりも速度が出る。濡れた身体、そしてウェア。体温が下がるのは当たり前。まるで冬山登山で遭難してしまい、低体温症に陥り、眠くなってしまう時のような状態だったのだろう。


登坂トレーニングそのものは順調。少ない登板回数ではあったが、その中でも追い込む事が出来た。まだまだ自分が理想とする速度までは達していない。しかし、速度は出ないとしても、速度を落とさず、坂を上る事が出来る様になり、少しは粘る事が出来てきているのかな?と感じている。

 

 

今日はこんな感じでした。