誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

日射しが無くて油断😰2020年7月11日(土曜日)

ローラートレーニング。今日の走行時間は100分。平均速度は18.0km。平均ケイデンスは72。走行距離は30.05km。獲得標高は何故か18m。体重は61.7kg、体脂肪率は12.3%。2020年(193日)の総走行時間は14056分。目標走行時間に−9104分。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを10分間走行(途中で降車し15分ほど仮眠)


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを20分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを5分間走行。最後に5分間のクールダウンでトレーニング終了。


「楽」な走行そして「ややキツイ」走行を繰り返してスタミナアップを図るのが目的。


登坂トレーニンを実施したかったが雨☔️(しかも大雨警報)  ローラートレーニングとなった。レーニング時の気温は22〜23° しかし湿度は100%に近かった。


その影響で非常に蒸し暑かった。それが関係していたのか走行中に吐き気を感じた。加えて眠気。たまらず降車し仮眠。状態によってはトレーニング中止を考えた。

f:id:osamu-3:20200711172501j:image
幸い症状は改善。トレーニングは続行。それにしても今日は特別にキツかった。蒸し暑さに加えて速度を維持する事に苦労したからだ。


気を抜くとすぐに速度が落ちた。それを防ぐ為にケイデンスを上げなければならない。でも自分が苦手としているスキルだ。ケイデンスを上げると息遣いが激しくなる。心肺機能が弱い自分には辛い。


速度表示とにらめっこが続いた。速度が上がったり下がったり。苦しい時間が長くて大変だった。走行を終えるとグッタリ。軽い熱中症になった様だ。

f:id:osamu-3:20200711172526j:image
レーニングを終えても身体が火照り居心地が悪かったのだ。水分を多く摂っても喉が渇く時間が長引いた。雨降りの天候なので日射しが無かった。それで油断してしまった。今後は気をつけたい。


今日のTSS。平均速度は18.0km 239.7kw/h   

239.7kw/h÷266≒0.9011  走行時間は100分

100分×0.9011=90.11分

100÷60×90.11=150.183

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


自転車ランキング