誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

追い込んだなぁ〜🤨2020年5月10日(日曜日)

ローラー台トレーニング。
今日の走行時間は120分。2020年(131日)の総走行時間は9218分。目標走行時間にマイナス6502分。体重は62.4kg、体脂肪率は12.9%


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを20分間走行。(14分〜17分まではレスト走行)


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速19〜20kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを5分間走行。最後に5分間のクールダウンでトレーニング終了。

f:id:osamu-3:20200510140529j:image
「楽」な走行そして「ややキツイ」走行を繰り返してスタミナアップを図るのが目的。

 

今日は最初の走行から時速19〜20kmで走行。ちょっと無理かな?とも考えたが走行開始。全体を通して多少の下振れはあったものの走り切れた。


疲れが見えてきたのはやはり「鬼門」の60分過ぎ。それまで通りの感覚でペダルを踏みそして回していた。しかし思う様に速度が上がらない。気がつくと速度が落ちてしまっていた。


でも、意識してそして力を入れて脚を回しても速度が上がらない。辛うじて時速19kmを維持している状態だった。


回復走的な時速16〜17kmの部分も一苦労。19〜20kmの疲れを取り除きたいとは思うのだが息が整わない。ようやく落ち着いた頃に次の時速19〜20kmの時間がやって来るのだった。


今日はそして今日も最後まで息つく暇の無いトレーニングとなった。

 

今日のTSS。平均速度18.2km  244.212kw/h
244.212÷266=0.9181  走行時間は120分。
120分×0.9181=110.172
100÷60×110.172=183.62


今日はこんな感じです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


自転車ランキング