誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

やっぱりキツい😅2020年5月8日(金曜日)

ローラートレーニング。

今日の走行時間は120分。2020年(129日)の総走行時間は9038分。目標走行時間にマイナス6442分。体重は63.4kg、体脂肪率は14.0%


ギアは50×17T、負荷は「3」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「3」で時速26~27kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(26km→28km→30km→32km→34→36km→38km)


11分間のレスト走行。


ギアは50×13T、ローラーの負荷は「3」で(時速33〜35kmで18分間走行+8分間の回復走)×2セット。FTP向上が目的。


8分間のレスト走行。


ギアは50×13T、ローラーの負荷は「3」で(時速45〜46kmで30秒間走行+30秒間の回復走)×12セット。Vo2max向上が目的。


8分間のクールダウンでトレーニング終了。

f:id:osamu-3:20200508181729j:image

今日のメインのトレーニングは30秒間+30秒間。速度を上げて走行した。今までは時速で40km前後で走行していた。そして20セット消化していた。本格的なシーズンインに向かって状態を上げていかなければならない。高強度での速度や走行時間である。


しかし新型コロナウィルスの感染拡大で自分が参加予定していたレースは軒並み中止。自分に限らず全国的にもその傾向である。レースが無いのでそこまで意識を高くしなくても良さそうなものだが・・・・


何だかんだと言いながらも良い状態でトレーニングが積む事が出来ている。やれるだけやってみよう!という事だ


さて、その30秒間+30秒間。速度を上げた分だけやはりキツい。回復時間(30秒間)では脚が戻らない。それは本数を重ねるごとに厳しさを増していくのだった。


全力走行ではないが30秒間という走行時間も脚に「効いて」いた。どういう訳か長く感じたのである。速度を上げる為にダッシュを何回も繰り返しているからだろう。


流石に20セットを消化するには至らなかった。走行時間としては12分弱だった。でも、なかなかの疲労感。速度を上げただけはある。


走行前はもっと少ないセット数で力尽きるかと思っていた。思いの外セットをを重ねる事が出来た。次は15セットに挑戦だ。

 


今日のTSS。平均速度28.7km 197.754kw/h。
197.754÷266=0.7434 走行時間は120分。
120分×0.7434=89.208
100÷60×89.208=148.68


今日はこんな感じです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


自転車ランキング