誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

侮れない☹️2020年4月21日(火曜日)

ローラートレーニング。

今日の走行時間は120分。2020年(112日)の総走行時間は7725分。目標走行時間にマイナス5715分。体重は62.9kg、体脂肪率は13.9%


ギアは50×17T、負荷は「3」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「3」で時速26~27kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(26km→28km→30km→32km→34→36km→38km)


11分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で(時速35〜36kmで12分間走行+6分間の回復走)×3セット。FTPの向上が目的。


10分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で(時速42〜43kmで3分間走行+3分間の回復走)×3セット。Vo2maxの向上が目的。


5分間のクールダウンでトレーニング終了。

f:id:osamu-3:20200421174419j:image

12分間+6分間。FTP速度での走行をインターバルで。休養明けのお陰で順調。キツくなく、かと言って楽でもなく。微妙な「さじ加減」さすがに3セット目には疲労を感じた。


暖かく感じるほどの気温ではなかった。でも全身に汗が滴った。風を受けての走行になる「外」での走行ではないので汗は蒸発し辛い。順調な走行ではあったが運動量としては中々のものだったらしい。


3分間+3分間。5分間維持出来る速度としては現状のリミットは時速45〜46km。今日の3分間走行でもその速度で走行したい所。しかしインターバルとなると願いは叶わず。


若干速度を落としての走行でなければインターバルで繋ぐ事が出来ない。目標の速度で走行出来るには時間が掛かる模様。
 

休養明け。それにしてはやや負荷が高かったかもしれない。トレーニング中そして終了直後は体調に問題は無かった。むしろ調子が良かったくらいである。休養様々!と考えていた。


しかし、トレーニング終了後2時間ほど経過してから疲れを感じ始めた。やはり侮れない。後述の様に今日のTSSは「162」150を超えている。調子に乗り過ぎた様だ。回復に努めたい。


今日のTSS。平均速度30.4km  215.556kw/h。
215.556÷266=0.81 走行時間は120分。
120分×0.81=97.2
100÷60×97.2=162kw/h

今日はこんな感じでした。


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村