誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

思惑が外れる。2020年4月2日(木曜日)

ローラートレーニング。今日の走行時間は120分。2020年(93日)の総走行時間は6201分。目標走行時間にマイナス4959分。体重は62.5kg、体脂肪率は13.5%。


ギアは50×17T、負荷は「3」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「3」で時速26~27kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(26km→28km→30km→32km→34→36km→38km)


3分間のレスト走行。


続いてギアは50×13T、負荷は「3」(時速33~35kmで10分間走行。


18分間のレスト走行。


続いてギアは50×13T、負荷は「3」で(時速35〜36kmを12分間維持+6分間の回復走)×3セット。FTP速度でのインターバルトレーニング


6分間のクールダウンでトレーニング終了。


思っていたよりキツくて苦しかった。12分+6分の走行。当初、15分間はFTP速度で走行出来るものと考えていたのだが・・・・

 

f:id:osamu-3:20200402170532j:image


走行を開始して直ぐに15分は無理!と感じた。3月の休養期間に入る前には同じ速度設定で30分!走行した事があった。だからその半分は無難に走行出来るとタカを括っていたのだ。


疲労は抜けたが体力は落ちてしまっていた様である。1セット目は終始苦しい展開。ある程度時間が経過すれば楽になるものと思っていたが思惑は外れてしまった。

 

2セット目は幾分楽に走行出来た。しかし3セット目は苦しい時間が長かった。3セット目(最後)という事で焦ってしまったのかもしれない。抑えようと思っても速度が上がってしまうのだった。

 

時速35~36kmの範囲で走行するはずが38km、そして40kmに迫る速度が出るのだった。疲れが重なる3セット目なのに無理する必要は無かったのだが・・・・苦しさを自ら高めてしまった。

 

終わってグッタリ。久しぶりに追い込んだ感じがする。疲れたが良い意味で体に刺激を与える事が出来たと思う。


今日のTSS。平均速度29.0km。201.48kw/h。
201.48÷266=0.7574 走行時間は120分。
120分×0.7574=90.89
100÷60×90.89=151.48    150未満であれば翌日に疲労は残らない。若干超えた値となった。大きく超えた訳ではないので大丈夫だろう。

 

 

今日はこんな感じです。


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村