誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

真冬日😱2020年2月9日(日曜日)

ローラー台トレーニング。今日の走行時間は120分。2020年(40日)の総走行時間は2330分。目標走行時間にマイナス2470分。体重は63.0kg、体脂肪率は13.6%。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを15分間走行。補給食を食べる。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを20分間走行。補給食を食べる。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速18~19kmを15分間走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて時速16~17kmを10分間走行。


10分間のレスト走行。


ギアは34×17T、負荷は最も重い「H」から一段階下げて(全力走行20秒間+10秒間のレスト走行)×8セット


6分間のクールダウンでトレーニング終了。


「ややきつめ」と「楽」な走行を繰り返してスタミナアップを目的とするトレーニング。そして20秒間の全力走行では無酸素運動容量の向上が目的。


今日は真冬日一日中気温がプラスの温度にならない。つまり0℃未満だったという事だ。道路は凍結しツルツル。住宅街の道路は除雪の影響で道幅が狭くなった。その為車同士がすれ違う度に難儀をしている。

f:id:osamu-3:20200209170649j:image
レーニング開始時は寒くて大変。ファンヒーターをフル回転させても室温は上がらない。自ら身体を動かして温めるしかなかった。

 

10分も走行すると温かくなってきた。おまけにうっすらと汗をかく様になった。今日の様に寒くない日は長袖ジャージを脱ぐ。でも今日はそれが出来ないほど寒かった。


今日はいつもより補給の回数を1回増やして対応。通常は60分経過後に摂っていた。今日はその前の30分経過後にも摂った。

 

お陰でハンガーノックに陥らずに済んだ。よく言われるのはお腹が空いてから!ではもう遅い。お腹がすく前に補給を摂らなければ手遅れ。補給は上手くいった様である。

 


レーニングは順調。しかし走行開始直後はローラーの負荷の掛かり具合が今一つ。2~3回調整して走行した。いつもの事だが開始直後はなかなか速度が上がらない。

 

脚力が落ちてしまったのでは?と思えるくらいである。落ち着くのは10分程度は必要。今日は寒かったから余計にその傾向が強かった。


身体が温まり走行が安定してからはスイスイ。ペダルに対しての踏み負けは無し。相手は「時計」の進み方のみだった。所々で設定の速度以上で走行してみた。

 

短時間では速度は出る。しかし継続時間が短い。現在より速度を上げて走行する様になるにはまだ先の様である。落ち着いて焦らずに!


今日はこんな感じでした。とにかく寒い!
 


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

ロマンスカーセットプランなら小田急トラベルが断然お得!

 

クラフトアイスクリーム「HiO ICE CREAM 」

一休の記念日レストラン

ひとはな