誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

寒い!😂マイナス4℃ 2020年2月7日(金曜日)

ローラートレーニング。今日の走行時間は120分。2020年(38日)の総走行時間は2090分。目標走行時間にマイナス2470分。体重は63.2kg、体脂肪率は13.8%。


ギアは50×17T、負荷は「3」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「3」で時速26~27kmを2分間維持する事からスタート。


以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(26km→28km→30km→32km→34→36km→38km)

 


10分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で時速33〜34kmを20分間維持+5分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で時速34〜35kmを20分間維持+5分間のレスト走行。


FTPを若干下回る速度で走行しFTPの向上を目指す。


13分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「3」で(時速39〜40kmを3分間維持+3分間の回復走)×3セット。Vo2max速度で走行しインターバルを行う事でVo2maxの向上を目指す。


クールダウン5分間でトレーニング終了。

f:id:osamu-3:20200207155811j:image
昨日は除雪作業。今日は無事?にロードバイクに乗る事が出来た。しかし‥‥‥寒い!氷点下の気温。マイナス4℃!たまらずファンヒーターを作動させた。でもなかなか室温が上がっていかない。


室内でのトレーニングは倉庫というか納戸。それほど密閉していない。また他の部屋の様に断熱材をそれほど使用していない。

 


温度が上がらないのも頷ける。トレーニング終了までの2時間以上ファンヒーターを作動させていたのだが室温は10℃まで上がらなかった。


そんな中でのトレーニング。腹巻、長袖インナー、長袖ジャージで寒さを凌いだ。下はタイツ(ロング)とビブショーツ


FTPの向上を目的とした20分間走。時速33~34kmと34~35km。それぞれ力尽きる事無く「完走」出来た。ちょっと楽し過ぎた感が否めない。寒かったので身体が思う様に動かないのでは?と考えたからだ。無理は良くない。


でも順調に走行出来た。次はもう少し速度を上げなければならない。怠けていてはダメだ!


最後は気合が入った3分間(Vo2max)+3分間(回復走)。ピリッと身体に刺激が加えられた。こちらも考えていた以上に身体が動いた。決して楽な走行ではなかったがしっかりと速度維持が出来ていた。


2019年の1月半ばから2月始めにかけては体調が非常に悪かった。昨年の1月~2月を振りかえると大変そして悲惨だ。下記の様な状態になっていたのである。

 


『1月の21日~2月の5日までの間、16日間自転車に乗らなかった。原因は風邪に罹患した為。身体は冷やさない様に気を付けていたのだが知らず知らずのうちに具合が悪くなってしまったのである。

 

喉が痛み始め咳、鼻水が止まらなくなった。そして高熱というほどでは無いが37~37.5まで体温が上昇。常に鼻が詰まっている状態が続きこめかみが締め付けられている感覚に襲われた。


微熱、咳、鼻水が続くと味覚がおかしくなる。何を食べても美味しくない。加えて濃い味付けでないと「味」を感じなくなってしまった。

 

喉が炎症を起こしていたのだろう。起床すると喉の奥がヒリヒリして痛かった。唾をのみ込むときには痛みが走るのだった。喉に常時「痰」が絡んでいるので息苦しかった。色んな症状に襲われていると何をするにしても実施する気が起きにくくなるしヤル気が起きないのであった。


結局、罹患してからほぼ回復するまで2週間を要した。身体を冷やし体調を崩したツケは意外にも大きかった。風邪を罹患した辺りの気温は確かに低かった。

 

罹患中も真冬日があった。大切な時間を無駄にしない為にも改めて身体を冷やさない様に気を付けなければならないと思った。2月に入りようやく体調も回復。

 

さぁ練習!と思ったのだが‥‥‥低温が続いた。もっと寒い地域に住んでいる人には申し訳ないのだがとにかく寒かった。日中もマイナスの気温。つまり一日中プラスの温度にならない「真冬日」が続いた』
 
更に2年前は「インフルエンザ」に罹患した。最近の2月は体調を崩しやすい期間の様だ。「2月」が悪いのではなく寒さに対して有効な対策、予防を施さない自分の責任。
 
幸い今年は今の所、大丈夫。でも油断をしていると手痛い目に遭う。用心しなければいけない。
 
今日はこんな感じです。
 


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

【ミズノ】ブレスサーモアンダーウエアEXプラス

【サッカーショップKAMO】ナイキ スパイク&シューズ

【サッカー用品専門店】サッカーショップKAMO

 

mozaiq(モザイク)

【ボタニカルライフプロテイン】