誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

この速度での練習が足りない!ロードバイクのトレーニング 2019年12月19日(木曜日)

ローラートレーニング。今日の走行時間は120分。2019年(353日)の総走行時間は18179分。目標走行時間にマイナス24181分。体重は62.7kg、体脂肪率は13.2%。

 

f:id:osamu-3:20191219181308j:image


ギアは50×17T、負荷は「4」で時速24~26kmを15分間維持。引き続きギアは50×13T、負荷は「4」で時速24~25kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(24km→26km→28km→30km→32km→34km→36km)


3分間のレスト走行。続いてギアは50×13T、負荷は「4」で時速32~33kmで10分間走行。


18分間のレスト走行。

 

ギアは50×13T、負荷は「4」で(時速37〜38kmで3分間走行+回復走3分間)×3セット。


12分間のレスト走行。


ギアは50×13T、負荷は「4」で(時速37〜38kmで40秒間走行+回復走20秒間)×5セット。


10分間のレスト走行。


ギアは50×15T、負荷は「4」で(全力走行20秒間+レスト走行10秒間)×8セット。


6分間のクールダウンで練習終了。


メインのトレーニング3種類は文字通り短時間で高負荷の内容となっている。


最初の(時速37〜38kmで3分間走行+回復走3分間)の走行。


残念ながら1セット目は設定速度に届かず。最初の1分間は時速37〜38kmで走行出来た。


しかし、余りの息苦しさに速度がダウン。時速35km台での走行を余儀なくされた。


これほど苦しいものになるとは思いもしなかった。もう少し余裕があるものと考えていたのだ。


2セット目は3分間のうちラストの1分間にようやく時速37〜38kmで走行する事が出来た。


幸い3セット目は負荷に慣れたらしく3分間を通じて時速37〜38kmで走行する事が出来た。


時速37〜38kmはVo2maxの速度。考えてみれば新しいFTPを測定してからVo2maxの速度での走行回数は無い若しくは少ない。


この速度での練習が明らかに足りない!その事実を突き付けられた感じだ。
 
2種類目の(時速37〜38kmで40秒間走行+回復走20秒間)の走行。


最初に比べ走行時間が少なかった。速度の上げ下げにやや苦労した。回復走から速度を上げる場面がキツく感じられた。それ以外は問題無く走行を終える事が出来た。


困ったのは眠気である。最初のメニューが終わってからだ。走行中は感じない。でも、レスト走行の時に猛烈に眠くなった。


単なる寝不足か?それとも慣れない速度で走行し軽い酸欠に陥っていたか?


一瞬寝落ちしたらしく危うく自転車から崩れ落ちそうになった。


最後の(全力走行20秒間+レスト走行10秒間)×8セット。


前述の様に走行前は眠気に襲われ続けた。眠くて眠くてどうしようもなかった。


そしてこのメニューの前にそこそこ追い込んだメニューを消化していた。かなり苦しい走行となる事が予想された。


実際にその通りになった。しかし苦しい状態ではあったが消化したメニューが良い意味でウォーミングアップになっていた様だ。


追い込まれながらも耐える事が出来ていた。


困ったのはトレーニング後。慣れない速度での走行が影響したらしく疲労感が大きい。そしてなかなか抜けない。


前述の様にやはり今日実施したトレーニングでの速度による練習が明らかに足りない!のだ。


辛く苦しい速度による練習だ。しかし避けては通る事は出来ないな。

 


自転車ランキング

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

お名前.com

 

ネットで買い物するならcolleee