誰よりも速く!ロードバイクトレーニング

ロードバイクトレーニングのメニューやレース参戦記を投稿。時々別の話題もアリ。

ロードバイクのトレーニング 2019年11月13日(水曜日)

ローラー台トレーニング。今日の走行時間は115分。2019年(317日)の総走行時間は16064分。目標走行時間にマイナス21976分。体重は64.6kg、体脂肪率は15.9%。

ギアは34×19T、負荷は一番重い「H」で時速13~15kmを15分間維持。引き続きギアは34×17T、負荷は「H」で時速16~17kmを2分間維持する事からスタート。以後2分経過ごとに時速2kmずつ速度をアップさせて走行(16km→18km→20kmで10分間走行)

3分間のレスト走行。続いてギアは34×17T、負荷は「H」で時速20~21kmで10分間走行。

14分間のレスト走行。引き続きギアは34×17T、負荷は「H」で時速20~21kmを5分間走行。

引き続き同じギア比&負荷で(時速18~19kmを5分間維持+3分間のレスト走行)×3セット。

10分間のレスト走行。

再び同じギア比&負荷で(時速18~19kmを5分間維持+3分間のレスト走行)×3セット。4分間のクールダウンで終了。

パワー重視で現状打破!という事で今日はローラーの負荷は一番重い「H」。ギアは34×17T。ヒルクライムレースではこんなギア比では走行しない、というか出来ない。せいぜい34×19T。後半は34×21Tとか24だったなぁ。

それはそれとして。いきなり(慣れていない事もあるが)速度が出ない!回せない!そして重い!でも慣れていくしかない。ウォーミングアップの段階からこれでは先が思いやられるというものだ。

いつもは徐々に速度を上げていくのだが途中で断念。イーブンペースでしか走行出来なかった。もっと速度が出るかと考えていたのだが‥‥‥考えていた以上にキツいのだった。

メインの練習(5分間+3分間)も速度が出ず・・・・時速20km程度は出したかったがそれは最初の1セットだけ。以降は速度を落としての走行となった。

おまけに途中で力尽きてしまい10分間レスト走行を挟まなければならなかった。それほど息は切れなかった。でも脚がついてきてくれない。負荷に対して完全に負けている状態だった。

パワー重視で現状打破!するのは時間を要する模様だ。並大抵の事では無い。覚悟して取り組まなければならないと痛感した。



自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村